学び

【重要】商品を売りたいなら、まずは相手に想像してもらう

更新日:

あなたが商品を買うときに一番はじめにすることは?

そう。商品を使っている自分を想像すること。

具体的で視覚的な言葉を使えば、あなたの商品を使うとどうなるか。あなたのサービスからどうようなメリットを受け取れるのか、そのイメージを相手に伝えることができる。

ドルー・エリック・ホイットマン

商品を買うときはイメージすることから始まる

どんな商品であれ、消費者が一番はじめに行うことは頭の中で欲しい商品をイメージすること。そして欲しい商品を使っている自分を想像すること。

あなたが商品を買うときと同じです。あたりまえの事なんだけど意外と見落としがち。大事なことなので、忘れないようにいつも自分に言い聞かせてます。

視覚的な表現を使い具体的に想像してもらう

例えば

  1. どこかへ行こう
  2. 図書館に本を借りに行こう
  3. 近所の○○病院前にあるバス停で、お昼12時の路線バスに乗って図書館まで行こう

どの文章がより具体的にイメージできますか?答えはカンタンだと思いますが「3番目の文章」ではないでしょうか?

商品を買ってもらいたいとき、その商品を使っている姿を消費者に鮮明にイメージさせることで購買意欲が高まります

こうやって書くのはかんたんですけど、文章だけで商品を想像させることってむずかしいですよね。ぼくもかなり苦戦してます。

他人の成功でも自分のように喜べる

他人が成功しているストーリーを文章で読んでも嬉しくなります

経験ありますよね?好きなスポーツ選手が活躍しているという記事を読んだとき、嬉しくなったりしません?不思議なんですが他人が成功している文章でも喜べるんですよね。

文章ではないですが「青汁」のTVショッピングが良い例です。必ず「青汁飲んで健康になった人」が出てきますよね。あれを見て自分のことのように嬉しくなった人が商品を買っていくんです。

あとがき

社会人になってから、毎日のように「1,500文字」の文章を書くことってあります?ライターさんじゃなかったら、あんまり経験しないですよね。ぼくもアフィリエイトやってなかったら、こんなに文章を書くことは無いです。

学生時代に一番嫌いだった宿題が「読書感想文」でした。まさかそんな人間がアフィリエイトをやることになるとは…人生どうなるかわかりません。お金の力って恐ろしい。凡人でも稼げるかも知れない!と思えば努力できるもんですね。

まだまだ荒削りな文章ですが半年前よりマシになってきました。文章が上手くなりたいと思ってるなら、書いた記事を人に読んでもらった方がいいですよ。ぼくの場合は「友達」か「嫁さん」に読んでもらうようにしています。

すべて読んでもらうわけではないですが、レビュー記事はなるべく読んでもらってます。嫁さんに頼むと「ボロクソ」に言われるんで、心が折れそうなときもありますけど…努力するしかないですね。

いいなと思うものを使っているところを想像すれば、それを欲しいと思う気持ちは膨らんでいくのである。

ドルー・エリック・ホイットマン

-学び

Copyright© 男37才。アフィンガー5EXを買う。 , 2019 All Rights Reserved.