WordPress(ワードプレスとは?

WordPress(ワードプレス)は、2003年の公開以来、世界中で愛用されているCMSです。

HTMLなどの専門的な知識がくても簡単にサイトが作れるので、世界中で多くの人が利用しています。

CMS(シーエムエス)は、Webサイトを構成するテキストや画像などのコンテンツを管理して更新できるシステムのこと。

ワードプレスの特徴

  • 初心者でも簡単にサイトが作れる
  • プラグインを追加して機能が拡張できる
  • 無料で誰でも利用できる

個人で運営しているサイトから、企業のホームページまで、ワードプレスを使ってサイト運営をしている人たちがほんとに多くなりました。

僕はアフィリエイトがきっかけで、ワードプレスを使うようになりましたが、ほんとに便利なツールだと思います。

お金をかけずにサイトを作れるという点において、これほど優秀なツールは他にないでしょう。

 

無料で使えるテーマが豊富

ワードプレスの外観は「テーマ」によってデザインされています。

テーマには、PHPやCSS、JavaScriptなどのプログラムがあらかじめ組み込まれており、テーマを変えるだけで、サイトデザインを簡単に変更することが可能です。

 

PHP(ピーエイチピー)

PHPは、Web開発で使われているプログラミング言語

PHPを使うことで、データベースと連携するWebサイトを作成したり、HTMLフォームから送信されたデータをHTML内に表示するなど、動的なページを作ることができます。

 

ワードプレスのテーマは無料で使用できるものと、有料のものがあります。

当サイトで使用しているテーマは「AFFINGER5EX」という有料テーマです。

AFFINGER5関連記事

 

有料テーマは1万円前後で販売されているものが多く、無料テーマにはない機能も豊富。

マニュアルもしっかり作成されているので、初心者でも使いやすい仕様になっています。

 

プラグインで機能を拡張

プラグインは、ワードプレスの機能を拡張してくれるプログラムです。

サイトのセキュリティ対策、お問合せフォームの作成など様々なプラグインが無料で利用できます。

 

ワードプレスの管理画面で追加できるプラグインは、安全性が認められ「公式」として採用されたものです。

ただ、使用するテーマによって不具合が起きる可能性もあるので、ご注意ください。

 

ぼくがいつも使っているプラグインを紹介します。参考までにどうぞ。

おすすめプラグイン

 

Webページを表示する仕組み

Webページが表示されるまでの仕組みは、「静的生成」と「動的生成」があります。

静的生成

静的生成では、サーバー上にHTMLファイルを保存しておき、Webページへのアクセスがあったときに、このHTMLファイルを表示させます。

Webページは基本的に1つのHTMLファイルで構成されており、作成や編集をしたときには、変更結果を全ページに反映させる必要があります。

 

動的生成

ワードプレスは「動的生成」を採用しています。

動的生成では、HTMLファイルをサーバーに保存せず、テキストや画像情報はデータベースに保存

 

Webページにアクセスがあった時点でプログラムが作動し、データベースからテキスト情報や画像情報が引き出されます。

同時にメタ情報からテンプレートを選択し、テンプレートに記事情報をはめ込んで、一時的にHTMLデータを生成して表示させます。

 

そのため、サイトを部分的に変更した場合でもすぐにページに反映されるのが特徴です。

現在、ショッピングサイトやブログ、SNSの多くが動的生成を採用しています。

 

動的生成のメリット、デメリット

  • メリット:変更結果がすぐに反映される
  • デメリット:データベース、サーバーの両方にアクセスするため、負荷が高くなる

 

アクセス数が多いサイトだと、表示スピードが遅くなったり、サーバーが落ちる可能性も出てきます。

なので、サーバーを選ぶときも安定したサーバーを選ぶようにしましょう。

 

ワードプレスを使う前の準備

  • レンタルサーバー契約
  • 独自ドメイン取得

ワードプレスは無料で使うことができますが、サーバーとドメインは準備しないといけません。

どちらも簡単に準備できますし、マニュアルも充実しているのでご安心ください。

 

おすすめのレンタルサーバー

どちらも月額1,000円ほどで借りれる人気のサーバーです。

初めてサーバーを契約する場合でも、サポートマニュアルが充実しています。

 

独自ドメイン取得サービス

  • お名前.com :格安ドメイン多数。国内最大級のドメイン取得サービス
  • ムームードメイン :サポート充実。安心の老舗ドメイン取得サービス

独自ドメインは、インターネット上における「住所」のようなもの。

他の人が使っていなければ、ドメイン名も自由に決めることが可能です。

 

ドメイン取得費用(目安)

.com 760円
.jp  1,160円
.net 600円
.me 350円
.company 499円

 

WordPress(ワードプレス)まとめ

  • 世界中で使われている人気のサイト作成ツール
  • 専門知識が無くても簡単にサイトが作れる
  • サーバーとドメイン取得が必要

使い方に慣れるまで多少の時間は必要ですが、無料ブログ感覚でサイトが作れます。

運営費もサーバー代(月1,000円)とドメイン代のみ。お金もそれほどかかりません。

 

ワードプレスは世界中で使われいるツールなので、情報量も豊富です。

わからないことがあっても、調べればすぐに情報が出てきます。この機会に、ぜひ挑戦してみてください。

2020-06-09

© 2020 アフィ基地